ジャズ理論のお話

ジャズ理論と言うと『難しい』『挫折した』『全くチンプンカンプン』などの印象があるのではないでしょうか?
だって私だって理論書なんて読んだら目がクラクラして頭から湯気が出ます(笑)
まず名称からして難しい英語の専門用語なので拒否反応ですよね(笑)
だって仕方ありません。大抵の理論書は難しく書いてあるのです。

電化製品の取説って解りにくいですよね?
恐らくは理系の方が書いているからです。
理系の人にはわかりやすいのでしょう。

ジャズ理論もわかっている人が解っている前提で書かれているので
初心者は冒頭からチンプンカンプンなのです。

ですのでここでは解りやすくたとえ話などを使いながら、解りやすく、面白く書いていきたいと思っております!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中