喉の状態について

よく『喉を開きなさい』と言われて不自然に喉を開こうとするあまり、
力んだり舌根が下がってしまってピッチが下がったりという方が見受けられます。

私としては『開いてた方がいいが、リラックスして放っておく』
のがいいかと思っています。

息の圧力で自然に広がるというくらいがいいかと思います。
大事なことは『開く』ことより『気道で響かせる』のを意識することだ思っています。

筋肉の緊張は体と言う楽器の響きを殺してしまうからです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中